役員あいさつ

第46代 会長 村岡 康隆

第46代 会長 村岡 康隆

~ 提 言 ~

「老いも若きも、心一つにウィザーブ」

 今期、穂波ライオンズクラブの会長に就任しました村岡康隆と申します。
 今、責任の重さを痛感しているところでございます。と言うのも、今期我がクラブより337-A地区ガバナー及び3ZのZCパーソンを輩出することになったからです。しかし泣き言は言っておられません。二人が十分に仕事ができるようにクラブを挙げて支援していきたいと思っております。

 さて、私の会長提言を「老いも若きも、心一つにウィザーブ」としました。“老い”とは、歳を重ねた人、“若き”とは若者、という事ではなく、ライオンズ歴の長い方、そして5年未満の比較的ライオンズ歴の浅い方をいい、共に心を一つにして奉仕に携わり、L.林田ガバナー及びL.城石ゾーンチェアパーソンの支援を行っていこうという事です。
 皆様のお力添えをよろしくお願い致します。

L.miyajima

幹事 L.宮嶋 俊一郎

 今年度、再び幹事を仰せつかりました宮嶋でございます。
 今期は穂波ライオンズクラブから林田ガバナーと城石ゾーンチェアパーソンを送り出しました。 その出身クラブとして、周りのクラブからの注目を浴びることとなるはずです。 大変光栄なことではございますが、その反面非常に身の引き締まる思いです。 村岡会長の支持のもと、多くの先輩ライオンと若手ライオンとが一致団結し、円滑にクラブ運営・奉仕活動を行えるように幹事の任を勤めてまいる所存です。
 皆様のご理解とご協力をお願い申し上げ、就任の挨拶とさせていただきます。 1年間、何卒宜しくお願い申し上げます。

L.nomiyama

会計 L.野見山 亮一

 この度、穂波ライオンズクラブの会計という大役を拝命し、その重責に身の引き締まる思いをしています。
 私は1984年に入会し34年間、会長等いろいろ役職を経験してきましたが、会計は初めてです。今期村岡会長及び宮嶋幹事を支えて行くべく会計として、収入支出の年間予算に沿って計画通りに遂行して行きたいと思います。 会長の皆さんからお預かりした大切な会費、ドネーション、積立金等をきちんと管理し、クラブの金庫番として会員の皆様に安心して頂けるよう一年間精一杯頑張ります。
 ご支援、ご協力の程よろしくお願い致します。